リフト付き貸し切りバスは車いすユーザーも安心

初めての貸し切りバス

貸し切りバスは「自分たちのグループの思うように運行してもらえる。プロの運転手がついて安心。電車や路線バスのような公共交通機関より安くつくことが多い。」というメリットがあります。 では、どんなバスを選べば良いのでしょう? 約25-60名と人数が多く、荷物も多く、移動距離が長いなら大型バス。約20-30名の人数で荷物も多く、移動距離が長いなら中型バス。約10-25名の人数で荷物が少ないなら小型バスが良いでしょう。約10-20名で移動距離が短く、荷物が少ないならマイクロバスがオススメです。マイクロバスは、比較的狭い道にも入って行けるので冠婚葬祭の移動などにもよく使われます。 冷蔵庫やテレビなど車内設備が必要なら大型バスか中型バスが良いでしょう。

貸し切りバスを借りる時の注意事項

貸し切りバスは利用時間、移動距離、借りるシーズンなどによって利用料金が変わります。また、バスの燃料代、ドライバー代は通常バス代金に含まれていますが、高速道路、有料道路の料金(バスの大きさや移動距離によって変わります)駐車料金、宿泊が必要なら、乗務員の宿泊費などが必要となってきます。
もし、車イスユーザーの方がグループ内におられる場合は、通常の貸し切りバスでは乗り降りが不便です。リフト付きの貸し切りバスの利用がオススメです。電動モーター付きのリフトで車イスユーザーの方も安心して楽に乗降することができます。
バス会社のスタッフが相談に乗ってくれるところもありますので、スケジュールを立ててバス会社スタッフに相談して
総額の見積りを立ててもらいましょう。