バリアフリー対応の貸し切りバスの探し方

リフトがついているので車いすのまま乗れる

公共の場においてはどんどんバリアフリーが進んでいます。都市部の駅ならほぼ自力で車いすでの鉄道乗車が可能になっています。かつては階段などで誰かに助けてもらう必要がありましたが、今は駅員にスロープを用意してもらうぐらいで済みます。貸切バスを利用するとき、自分でバスに乗れる人のみが参加するときもありますが、車いすを利用する人が参加するときもあります。できれば気兼ねなく利用できるよう、バリアフリー対策を施したバスを用意したいです。便利なバスとしてリフト付きがあります。前部から一般の人は乗車しますが、車いすの人は後部についているリフトを使って乗車します。リフトで上がった後は車いすをそのまま固定できます。他の参加者にも気を使いません。

運転士が一定の資格を持っている会社

車いすは、日常的な生活をするときには非常に便利な道具です。しかし、歩ける人を前提に作られている仕組みを利用する時には不具合が生じる時もあります。必ずしも誰もが利用しやすいわけではありません。貸切バスの中には、最近はバリアフリー対応が増えてきて、リフトがついているので車いすに乗ったままの移動ができます。ただ実際にバスに乗る時には不安に感じる人もいるでしょう。そこで運転士が一定の資格を持っているバス会社を利用すると良いかもしれません。バスの運転だけでなく、目的地での一定の対応なども行ってくれます。もちろん参加者が対応する部分もあるでしょうが、運転手が介護をしてくれるのであれば他の参加者は参加しやすくなります。

貸切バスを大阪で利用する時には、乗車人数だけなくトランクの大きさなども考えてバスを選ぶことがおすすめです。